ピックアップ♪

バラ広場

西洋と中国の文化が見事に融合した美しい広場 (c) ICM

東西文化の融合を象徴する美しい広場

媽閣廟と海事博物館の間に広がる広場で、ポルトガル伝統の石畳、カルサーダスで美しい模様が描かれている。ポルトガル風の広場と、その奥に建つ中国風の媽閣廟というコンビネーションは、マカオらしい東西文化の融合を象徴する光景だ。広場の名称の「バラ」はポルトガル語で港の入口を意味し、もともとここに船着き場があったことの名残。もともと、マカオに初めてポルトガル人が上陸したのもこの付近と言われている。広場に面した場所に建つ海事博物館には大航海時代のポルトガルの船や当時のマカオに関する史料が多数展示されており、一見の価値がある。バラ広場では、ほぼ毎週土曜、日曜にライオンダンス、ポルトガルダンスといったマカオの伝統パフォーマンスが無料で上演されている。内容と上演時間は度々変更になるため、マカオ到着後に観光案内所で確認をおすすめする。現在、媽閣廟広場南側で大規模な工事が行われており、2015年春にも開業を予定しているマカオLRTの媽閣駅となる。また、媽閣駅から川を隔てて対岸にある広東省珠海市の湾仔エリアまで歩行者専用の河底トンネルで直結する計画もある。

所在地:澳門媽閣廟前地
料金:無料
電話番号:2836-6866(文化局)
定休日:無休

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*