ピックアップ♪

カーサ・デ・タパス

タイパヴィレッジにある古い洋館をレノベーションした一軒家レストラン © Casa de Tapas

伝統建築をリノベーションしたタパス専門スペイン料理店

グルメタウンとして有名なタイパヴィレッジに建つ古い洋館をリノベーションして2013年9月に開業したばかりのスペイン料理店。店名が示す通り、小皿料理のタパスを専門にしている。レストランは3階建てで、フロアによってインテリアのテーマも異なるが、オシャレな雰囲気は共通。3階にはテラス席もあり、フロア全体を貸し切ってのパーティにもおすすめだ。料理長を務めるのはスペイン出身のアルフレッド・M・ペレス・ドボン・バトレス氏。スペイン料理の名店で豊富な経験を持ち、バレンシア地方、マドリッド、サン・セバスティアンといった各地に伝わる伝統メニューに独特のアレンジを加えたアバンギャルドなメニューを創り出す。シグネチャーディッシュはスペイン風オムレツ、仔豚のロースト、車エビのグリル、イカのオリーブオイル仕立てなど。タパスによく合うスペインワインやオリジナルカクテルも各種揃う。客層は流行に敏感な若者やマカオ在住の欧米人が多い印象。

所在地:氹仔木鐸街9號
料金:ランチMOP150~、ディナーMOP350~
電話番号:2857-6626
営業時間:12:00~24:00 金・土~翌1:00
定休日:無休
URL:http://www.casadetapasmacau.com/ja/

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*