ピックアップ♪

ルーレット

カジノの花形テーブルゲームとして広く知られるルーレット。赤か黒、または特定の数字を当てるという単純な賭け方もあり、初心者でもチャレンジしやすい。マカオではバカラや大小の人気が高いが、ルーレットの台もほとんどのカジノに設置されている。

ルーレットのテーブルは0から36まで、37個の数字が並ぶホイールと呼ばれるルーレット盤と、チップを置くオッズテーブルで構成される。ゲームの流れは、まずディーラーがゲーム開始の合図を出し、ホイールを回転させて中にボールを投げ込む。ホイールが回転している間、ディーラーが別途締め切りの合図を出すまで各々予想したところにチップを置くことができる。その後、ボールがどの数字のポケットと呼ばれる穴に落ちるかを見守る。特定の番号を当てるストレートや、赤か黒、奇数か偶数といった2択の賭け方がシンプルで分かりやすいが、別表のように様々な賭け方もあって奥が深い。なお、数字に「00」のないヨーロッパ式と「00」のあるアメリカ式の2種類のホイールがあるが、マカオではヨーロッパ式を採用している。
「小」の範囲に入ると思いきや、ぞろ目の場合は合計数に関係なくディーラーの総取りとなるので要注意。ぞろ目全般、特定のぞろ目、奇数、偶数を当てるなど、賭け方のバリエーションも豊富にある。

▲オッズテーブルのデザインはカジノにより異なるが、ホイールの大きさや材質は共通

▲オッズテーブルのデザインはカジノにより異なるが、ホイールの大きさや材質は共通

▲シティオブドリームズのルーレットテーブル

▲シティオブドリームズのルーレットテーブル

 

 

 

 

 

 

 

チップの置き方の例

(イラスト内の丸囲み文字の位置を参照)

(A)ロー
1~18に賭ける。配当1倍。
(B)イーブン(雙)
0を除く偶数に賭ける。配当1倍。
(C)レッド
赤の数字に賭ける。配当1倍。
(D)ブラック
黒の数字に賭ける。配当1倍。
(E)オッド(單)
0を除く奇数に賭ける。配当1倍。
(F)ハイ
19~36に賭ける。配当1倍。
(G)ダズン
1~12の1st、13~24の2nd、25~36の3rdに賭ける。配当2倍。
(H)フォーナンバー
0・1・2・3に賭ける。配当7倍。
(I)コーナー
4つの数字(この位置の場合は8・9・11・12)に賭ける。配当8倍。
(J)ストレート
特定の数字に賭ける。配当35倍。
(K)ライン
横2ライン分の6つの数字(この位置の場合は16~21)に賭ける。
配当5倍。
(L)スプリット
2つの数字(この位置場合は21・24)に賭ける。配当17倍。
(M)ストリート
横1ライン分の3つの隣接する数字に賭ける。配当11倍。
(この位置の場合は31・32・33)
(N)コラム
0を除く、縦1ラインに賭ける。配当3倍。
(この位置の場合は2・5・8・11・14・17・20・23・26・29・32・35)