ピックアップ♪

コタイボーダー(ロータスブリッジ)

コタイボーダー出入境施設外観

マカオと珠海市を結ぶ唯一の24時間出入境ルート

マカオのコタイ地区と広東省珠海市の横琴新区の間を陸路でつなぐ出入境ルートのマカオ側の施設を指す。マカオと珠海の陸路ルートはマカオ半島北部の關閘と珠海市の市街地にあたる拱北を結ぶルートがメジャーな存在。コタイ・横琴ルートは陸路ではあるが、間にある蓮花大橋(長さ1756メートル)が自動車専用橋となっているため、有料のシャトルバスを利用する必要があり、横琴イミグレーションが市街地から離れているのがその理由として挙げられる。しかし、2014年12月18日から、コタイ・横琴ルートの24時間通関化が発表され、時間制限のある關閘・拱北ルート(午前6時から翌午前1時まで)と比較して利便性が向上することから、脚光を浴びる存在となっている。また、最近横琴新区の開発が急ピッチで進められており、世界最大級の水族館を有する長隆珠海国際海洋リゾートの第1期オープンもあり、観光客が利用する機会も増えつつある。これまで、イミグレーション施設の通関待ちの行列は關閘・拱北ルートと比べて圧倒的に短いといわれてきたが、利用者増に伴い、混雑する時間帯もあるという。

所在地:氹仔蓮花路路氹邊境大樓
料金:シャトルバス利用の場合、運賃MOP3(香港ドル、人民元も利用可)
電話番号:8898-9617
営業時間:00:00~24:00(2014年12月18日から24時間通関化実施)
定休日:無休

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*