PAGETOP

Scroll

東洋と西洋が出会う街、マカオ Macau, where East meets West
大航海時代以来、東西文化の交差点として栄えたマカオ。21世紀に入ってからは、アジアのラスベガスという新要素も加わりました。南欧と中国の建築美が見事に融合した世界遺産の集まる旧市街、アジア独特の活気あふれる下町、ダイナミックなカジノ群、豊かな自然が残るリゾートアイランドといった全く趣の異なる要素がギュッと凝縮されています。グルメ、ショッピング、スパ、アクティビティと合わせ、「女子旅」にぴったりの全く新しいマカオの楽しみ方を提案します。
Since the Age of Discovery, Macau has been prosperous as a city of convergence of Eastern and Western cultures. In 21st century, icon of Asian Las Vegas is added. The old town is full of world heritages in excellent combination of south European and Chinese architecture style; special liveliness generated from traditional Asian residential districts; dynamic blocks of casinos; plentiful natural resort lands-these all completely different elements concentrate firmly in Macau. We are planning a totally new “girls’ journey” of a series of gourmet, shopping, spa and activities for you to enjoy Macau.

Scroll

Ruins of St. Paul's Memory of Japanese Christian and Tensho embassy who stood on this hill 聖ポール天主堂跡 この丘に立った日本人キリシタンや天正遣欧使節団に思いを馳せる

マカオを象徴する存在といっても過言ではない世界遺産。1835年の大火で大半が焼け落ち、今はファサード部分と石の階段部分のみを残すのみとなっています。もともと、ここには聖ポール教会と聖ポール大学の大きな建物があったそうです。その建設には、日本人キリシタンも多く携わったとされ、彼らの遺骨もここに眠っています。また、天正献欧使節団がローマに向かう途中に立ち寄ったことでも知られるなど、日本と深い縁もあります。ここで大航海時代に思いを馳せるのも感慨深いものがあります。 There is no doubt Ruins of St. Paul’s is the symbol and world heritage of Macau. It was ruined half on the fire happened in 1835. Only the façade and part of stone stairs remained. It is said that it used to be St. Paul’s Church and St. Paul’s University and rather many Japanese Christian’s bones are sleeping under here. Besides, it is well-known that Tensho embassy stopped by here when they were heading to Roma where is filled with deep memory of Age of Discovery.
所在地:澳門大三巴街 エリア:マカオ半島 アクセス:「新勝街」バス停下車徒歩3分 料金:無料 電話番号:2836-6866(文化局) 定休日:火曜午後(祝日と重なる場合はオープン)
Macau Now:聖ポール天主堂跡のページへ

Scroll

Taipa Houses Museum Looking from south European style houses, the view of horizontal line was replaced by casino resorts. タイパハウスミュージアム カジノリゾート群を望む南欧式住宅群

ペパーミントグリーンのかわいいコロニアル風の住宅が建ち並ぶオープンエアの博物館。外から見るだけならフリーです。ここはもともと海を望む別荘地だった場所で、ポルトガル人の高級官僚たちが暮らしていたそう。今は、海ではなくコタイ地区のリゾート群を望む風景となりましたが、発展するマカオの最前線をワイドに望める絶好のビュースポットともいえます。ヴェネチアンマカオから動く歩道を使ってすぐ、タイパヴィレッジにも隣接しているのでアクセスも便利です。
The lining of mint green colonial houses is open-air style free museum. It is said these houses were seaside villas for Portuguese government officers. However, the view has already been converted to resorts in Cotai, but the perfect viewpoint to widely witness the developing Macau in the front line. It is also convenient access by walking from Venetian through a pavement, either through Taipa Village.Discovery .beautiful beach in that will liberate your mind and spirit.
所在地:氹仔海邊馬路 エリア:マカオ半島 アクセス:路線バス西坑街または濠璟酒店バス停下車徒歩約10分 料金:見学無料  電話番号:2857-2401 営業時間:09:00~17:30  定休日:無休
ペパーミントグリーンの外壁が鮮やかな邸宅建築群
Macau Now:タイパハウスミュージアムのページへ

Scroll

Banyan Tree Spa Spend time on relaxation and comfort in city oasis バンヤンツリースパ 都会のオアシスで寛ぎと癒しの時間を

近年、マカオではリゾートホテルのオープンラッシュが続いており、豪華スパ施設も百花繚乱の様相。競争が激しいマーケットにあって、特に高い人気を持続しているのが、アジアのリゾート地を中心に展開する高級スパブランドとしての高い知名度を誇るバンヤンツリースパだ。都会のオアシスともいえる静謐な空間、中国式、タイ式、そして東西のマッサージ文化を融合させた豊富なメニューラインナップ、熟練のセラピストによるハイクオリティな施術が魅力といえる。日常生活で疲れた心と身体を癒し、エネルギーをチャージするのも旅の醍醐味。 In recent years, there is an upsurge in opening of resort hotels in Macau and the consequential profusion of luxurious spa facilities. Despite fierce competition among hotels for market share, the high-profile Banyan Tree Spa, which specializes its business in Asian resorts, maintains high reputation. It offers a various menu lineup of Chinese, Thai and East-West massages in high quality provided by skilled therapists in an undisturbed city oasis. A journey is meant to enjoy its best pleasure and charge your tired body from routine.
所在地:路氹城「澳門銀河™」綜合渡假城 澳門悦榕荘 エリア:コタイ アクセス:ギャラクシーマカオの無料シャトルバス利用 料金:「ロイヤルバンヤン」(180分)MOP2,800ほか 電話番号:8883-6633 営業時間:10:00~23:00 定休日:無休
Macau Now:バンヤンツリースパのページへ

Scroll

Chapel of Our Lady of Penha The magnificent view draws newly married couples to gather on this hill ペーニャ教会 新婚カップルが集う丘の上の絶景ビュースポット

南灣湖と丘の上に建つ美しいカトリック教会のコンビネーションはマカオを代表する美景の1つとして知られています。下から見上げるのはもちろん、教会の前にある広いテラスから街を一望するビューも美しいと評判です。左に新口岸のカジノ街、右にマカオタワーや西灣大橋、奥にはタイパ島と視界もワイド。よーく目を凝らしてみると、マカオタワーでバンジージャンプをしている人も見えますよ!ウェディング写真撮影の名所でもあり、華やかに着飾った地元の新婚カップルの初々しい姿に出会う機会も多いです。 It is a Catholic Church erected on a hill beside Nam Van Lake. The lovely scenery from here is one of the symbols of Macau. Either looking up to the church from lower place or looking out the city from the front terrace of the church, exhibits spectacular views. NAPE Casino Street is on the left side, while Macau Tower and Sai Van Bridge are on the right. Taipa Island displays itself wholly a bit farther. If concentrate on looking at Macau Tower, people are having fun from bungy jumping! Additionally, there are frequent chances to bump into newly married couples with finery for it is a popular spot to take wedding photos.
所在地:澳門西望洋山頂 エリア:マカオ半島 アクセス:路線バス西坑街または濠璟酒店バス停下車徒歩約10分 料金:見学無料  電話番号:2857-2401 営業時間:09:00~17:30  定休日:無休
Macau Now:ペーニャ教会のページへ

Scroll

Lord Stow’s Bakery&Garden Café Taste the originator of egg tart. The nostalgic taste has been lasted until now ロードストウズベーカリー&ガーデンカフェ 元祖エッグタルトを創業当時と変わらないレトロな本店で味わう

今ではマカオを代表するスイーツとして広く知られるエッグタルトですが、その始まりとなったのが、古びた漁村の風情が残るコロアンヴィレッジの中心に創業当時と変わらぬ姿で営業を続けるロード・ストウズ・ベーカリーです。そこが、カフェ形式で展開しているのが、ロード・ストウズ・ガーデンカフェ。マカオのレストランのシェフだったという創業者で英国人のアンドリュー・ストウさんがリスボン名物のパステイス・デ・ナタというスイーツに出会い、英国の菓子製造法を取り入れて独自に開発したというエッグタルトはサクサクパイ生地に濃厚で甘い具が絡み合うなんともいえない美味しさ。コロアン島の本店まで訪れて味わう価値は十分! It is as celebrated as the symbol sweet food of Macau and this shop is the originator. Lord Stows Bakery, as it has never been changed since it opened, locates in Coloane Village, a rustic fishing village. It is said that a British chef named Andrew Stowe integrated a well-known Lisbon Pastel de nata and British style of making dessert to invent egg tart eventually. There is no a suitable word to describe the splendid mixture of delicious crispy puff and thick sweet egg filling. The visit to this shop is definitely worth adding to listing of thing to do in Macau.
Macau Now:ロードストウズベーカリーのページへ
所在地:路環市區打纜街105號路環小築地下E及F座 エリア:コロアン アクセス:路線バス路環市區バス停下車徒歩約1分 料金:エッグタルトMOP9(1個) 電話番号:2888-1851 営業時間:10:30~19:00 定休日:無休

Scroll

Cheoc Van Beach/Hac Sa Beach How can southland Macau be without natural beaches? ビーチインマカオ ここは南国、マカオにだって天然ビーチはあります!

三方を海に囲まれたマカオですが、ビーチの存在はあまり知られていないかもしれません。遊泳可能な公共ビーチはコロアン島に2ヶ所あります。まず、1つ目が全長1350メートルの長い砂浜を持つハクサビーチ。漢字名称が黒沙という通り、黒い砂が特徴的で、ビーチ沿いのBBQ屋台も人気となっています。大型駐車場やバスターミナルもあることから、観光客も多く、かなり賑やかな雰囲気。もう1つは小規模ながら白い砂とヤシの木が立つ南国ムード満点のチョクワンビーチ。こちらはのんびりムード漂うローカル感が魅力といえます。 Although Macau is surrounded by seas on three sides, its beaches are rarely known. Two public beaches are available for swimming in Coloaen Island. One, Hac Sa Beach, is totally 1350m in length. As the Chinese name suggests, black sand is the symbol. And BBQ outdoor booths are popular. Large-size car park and bus terminal provide convenient access that it is crowded with a great number of tourists and bustling with noise and excitement. Another one, Cheoc Van Beach, is smaller size though, with generous and amorous southland feeling of coconut palms and white sand. Leisurely spending time in this local style is the point.
チョクアンビーチ 白い砂のビーチにヤシの木が建ち並び、のんびりしたムードが漂う。
ハクサビーチ マカオ八景にも選ばれている観光名所の1つで長さ約1350メートルのマカオ最大の天然ビーチ
Macau Now:チョクアンビーチのページへ
チョクワンビーチ 所在地:路環竹灣海灘  エリア:コロアン アクセス:「竹灣泳池-1」または「竹灣海灘-2」バス停下車徒歩3分  料金:無料  電話番号:2888-2252 営業時間:10:30~19:00 定休日:無休 ハクサビーチ 所在地:路環黑沙海灘  エリア:コロアン アクセス:「黑沙海灘」バス停下車目の前 料金:無料  定休日:無休 Macau Now:ハクサビーチのページへ

Scroll

ACCESS マカオへのアクセス 日本〜マカオは、直行便、香港経由の2つがメジャーな行き方となります。直行便は、大阪(関空)から毎日1往復、東京(成田)から週4便。所要時間はおよそ4〜5時間。また、香港国際空港とマカオを直接結ぶ高速船があり、たった50分の距離です。
直行便にて by DIRECT FLIGHT マカオ航空 http://www.airmacau.jp/
香港国際空港経由  by SHIP from HK AIRPORT ターボジェット (主にマカオ半島=外港フェリーターミナル行) http://www.turbojet.com.hk/jp/ コタイウォータージェット (主にタイパ島=タイパフェリーターミナル行) http://www.cotaiwaterjet.com/
各地からマカオへ
東京からマカオへ 成田国際空港よりマカオ国際空港まで所要時間約4時間55分 http://www.narita-airport.jp/
大阪からマカオへ 関西国際空港よりマカオ国際空港まで所要時間約4時間15分 http://www.kansai-airport.or.jp/index.asp
香港からマカオへ ・香港国際空港よりマカオ・外港フェリーターミナルまで所要時間約50分 ・香港国際空港よりマカオ・タイパフェリーターミナルまで所要時間約50分 http://www.hongkongairport.com/
※東京・大阪から香港経由、両都市及びその他の各都市から台湾や中国本土経由してマカオ国際空港へ直接入る、国内線で成田、関空を経由する、香港への直行便を利用するなど、様々なアクセスが可能です。 ※マカオに隣接する中国広東省珠海市から陸路や船舶での出入境ルートもあります。
Delightful Macau マカオで良い旅を♪