ピックアップ♪

ドン・ペドロ5世劇場

ステージ部 (c) ICM

今も現役のコンサートホールとして利用される

ペパーミントグリーンの外観が印象的な南欧風の建築物。1860年に中国初の西洋式シアターとして建てられ、オペラの上演やコミュニティセンターとして使われるなど、主にポルトガル人の社交場として役割を果たしてきた。新古典主義建築の要素を取り入れた荘厳な正面部分は1873年に増築されたもの。注目すべきは現在も地元オーケストラによる定期公演の会場となるなど、コンサートホールとして現役で活用されているところ。客席数は約300席。マカオ滞在中にここでコンサートが開催されているかどうか、事前にイベント情報をチェックしておきたい。2012年から内部の一般公開もスタート。ホワイエと2階客席部分を見学することができる。劇場名の由来は、建設当時の1853~61年にポルトガル国王の座に就いていたドン・ペドロ5世から。ドン・ペドロ5世はポルトガルの道路、鉄道、通信などのインフラ近代化と公衆衛生の改善に力を注いだ王として知られる。

所在地:澳門崗頂前地
料金:無料
電話番号:2836-6866(文化局)
営業時間:10:00~18:00
定休日:火(祝日と重なる場合は開館)
URL:http://www.wh.mo/theatre/en/

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*