ピックアップ♪

酔龍祭

勇壮な雰囲気の伝統行事(写真提供:マカオ観光局)

漁業関係者の間に伝わる勇壮なお祭り

毎年旧暦4月8日に行われる伝統行事で、マカオの漁業関係者の間で継承されている勇壮なお祭り。酒の力で邪悪を倒したとされる言い伝えに基づき、龍の頭や尾を象った神器を持った男たちが酒を飲み、豪快に吹き散らしながら魚を取り扱う市場やレストランを訪ねて踊り歩くというもの。マカオのみに残る風習で、中国の無形文化財にも指定されている。また、世界最大規模のカーニバルとして知られるフランスのニースカーニバルにもマカオ代表として出演し、大喝采を浴びた。祭に参加する男たち一行は世界遺産三街会館(関帝廟)の前に集合し、迫力ある酔龍踊りを奉納してから街に繰り出す。見学をする場合は、そこを狙って訪れたい。なお、観光客に向かって酒をぶちまけるパフォーマンスもあり、近づいてリアルな写真を撮ろうとするとずぶ濡れになってしまうことになるので覚悟しよう。マカオといえば大人しい人が多い街という印象があるかもしれないが、この日ばかりはパワーを感じるだろう。

所在地:三街会館(関帝廟)周辺
料金:見学無料
電話番号:2833-3000(ツーリストホットライン)

おすすめ記事

まだデータがありません。