ピックアップ♪

ファイヤーサービスミュージアム

かつて使われていた英国製の消防車

旧式の消防車などを展示する

マカオ半島の聖ポール天主堂跡の裏側にあたる連勝馬路にあるマカオ消防局本部併設のミュージアム。昔ながらの町並みが残る下町のど真ん中という立地にある。ミュージアムの建物は1923年に完成した旧消防局本部ビルで、ポルトガル風の堂々たる外観が特徴的。芸術性の高い建築物として1992年にはマカオの文化遺産にも指定されている。ミュージアムとしてオープンしたのは1999年のこと。フロア面積は約350平米で、1フロアに2つの展示室を設けている。手前にあたる主展示室には1950年代に英国で生産された2台のレトロな消防車や19世紀末に中国で作られた手動ポンプ、奥にある展示室では歴代の消防士の制服など装備品が展示されている。エントランス横には小さなショーケースがあり、Tシャツやキーホルダーといった消防局グッズが販売されている。現在の消防局本部はミュージアム裏手の新館部分にあたり、ミュージアム内からも現役の消防車や救急車を見ることができる。

所在地:澳門連勝馬路2至6號(鏡湖醫院側)
料金:無料
電話番号:8396-0420
営業時間:10:00~18:00
定休日:無休
URL:http://www.fsm.gov.mo/cb/cht/mb.aspx

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*