ピックアップ♪

G2Eアジア

世界各地のゲーミング関連機器メーカーなどが工夫を凝らしたブースを展開する。写真はマカオのLTゲーム社のブース

アジア最大規模のゲーミング関連見本市

ラスベガスで開催される世界最大規模のゲーミング(カジノ)関連見本市G2E(Global Gaming Expo)のアジア版として2007年にスタート。毎年5月、平日の3日間に渡ってヴェネチアンマカオのコタイエキスポホールで開催され、マカオやアジアのゲーミングマーケットの拡大と歩調を合わせるように、少しずつイベントの規模を拡大させている。2014年実績で展覧面積約8,500平米、出展企業数約160社、来場者は約6,500名となっており、同ジャンルのエキジビションとしてはアジア最大級。日本関連企業による展示も多く、日本のカジノ解禁を見据えた日本人観衆の姿も増えている印象だ。なお、入場は会場への無料だが、業界関係者向けのエキジビションとなるため事前にウェブサイト等を通じて登録をしておく必要がある。また、カジノ運営企業の経営者や専門家によるセミナーなども開催され、事前申し込みが必要かつ参加費用がかかる。出展社リストやセミナーの詳細は随時公式ウェブサイト(http://g2easia.com/)で最新情報が更新される。

所在地:澳門威尼斯人 金光會展
料金:入場無料(有料セミナー有)
電話番号:—
URL:http://g2easia.com/

おすすめ記事

まだデータがありません。

1 Comment on G2Eアジア

  1. 無料で最新ゲームが遊び放題、日本人ビジネスマン多し、、、美人コンパニオンも
    だけど、完全にカジノ事業者向けの展示会ですので、日本のモーターショーやゲームショーのノリで会場に入ると面食らうかも!? 間違いなく一般の方にとっては、カジノで遊んでいたほうが楽しいはず。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*