ピックアップ♪

蓮渓廟

蓮渓廟外観。中に入ると左右に通路が延び、思ったよりも広い

活気ある下町に建つ道教寺院

マカオ半島北部の下町エリア新橋(広東語発音:サンキウ)に建つ約200年の歴史を持つといわれる道教寺院。境内には演劇の神様華光、航海の神様北帝、財神の財帛、学問の神様文昌が祭られている。これまで自然災害などで何度も倒壊したというが、現在の建物は約100年前に修復されたもの。名称の由来は、現在のマカオ半島にあたる部分の地形がもともと蓮の花の形をしていたことから、蓮島や蓮峰と呼ばれ、山間を流れる渓流の右岸に廟が建てられたことによると伝えられている。周辺はマカオで古くから繁華街として栄えたエリアで、今も小さな商店が多く、市場にも近い活気のある場所。夜になると廟の前にずらりと屋台が並ぶグルメスポットとしても知られる。また、廟の裏手にはリサイクルショップや骨董品店が集まっていて、掘り出し物を目当てに訪れる人で賑わっている。いざ買い物をしようとすると目利きが必要だが、見て歩いているだけも面白い。

所在地:澳門大纜巷25至31號
料金:見学無料
電話番号:2833-3000(ツーリストホットライン)
営業時間:07:30~17:15
定休日:無休

おすすめ記事

まだデータがありません。