ピックアップ♪

レッドマーケット

高士德大馬路側から見た外観

マカオの文化遺産にも登録されている公設市場の建物

マカオ半島北部にある下町随一の繁華街として知られる高士德(コシュタ)エリアの高士德大馬路と罅些喇提督大馬路の角に建つ公設市場。その名が示す通り、赤レンガの外観が特徴的なアールデコ調の堂々たる風格を持った3フロア建てのビルだ。建造年は1936年で、現在もほぼ当時のままの姿が残り、芸術性の高い建築物としてマカオの文化遺産にも指定されている。当初から公設市場として利用されており、現在も地階のガーデン部に野菜類、1階に魚介類、2階に精肉類の売場が並び、周辺住民の台所として賑わっている。観光客にとっては、建築意匠もさることながら、ローカル風情漂うマーケットの雰囲気を味わうのも見どころといえる。乾物などお土産として購入できるものなども売っている。ちなみに、英語はほとんど通じず、広東語でのやり取りがメインとなるので、筆談や身振り手振りでのコミュニケーションが必須。マーケットの周辺にも、雑貨などの屋台が並び、混沌としたアジアらしい街角の光景が広がっている。

所在地:澳門高士德大馬路及罅些喇提督大馬路交界
料金:無料
電話番号:2821-0434
営業時間:07:30~19:30
定休日:無休

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*