ピックアップ♪

MGMマカオカジノ

高級感を感じさせる落ち着いた雰囲気のカジノ (c) MGM Macau

シックで大人の雰囲気を感じさせる

マカオ半島の新口岸の海辺に建つラスベガス型の複合リゾートMGMマカオ。2007年に開業し、当初はMGMグランドだったが、その後、MGMマカオへ改称された。リゾート中央に位置するカジノのフロア面積は約2万平米、ゲーミングテーブル427台、スロットマシン及び電子ゲーミング機器1272台を有する大型施設だ。カジノの雰囲気はシックにまとめられており、大人の雰囲気が漂う。ゲーミングテーブルの種類はバカラ、ブラックジャック、スリーカードポーカー、カリビアンポーカー、カジノウォー、クラップス、大小、ルーレットが揃う。ラスベガスの有名カジノであり、品の良さと便利な立地にあることから、日本人観光客の利用も多い。カジノのメインエントランスはウィンマカオ側の城市日大馬路側にあたり、シャトルバス乗り場もそちらにある。ホテルロビーからはグランドプラサ広場に複数の入口があるほか、隣接する複合施設ワンセントラルからも館内通路でアクセスできる。

所在地:澳門外港填海區孫逸仙大馬路
電話番号:8802-8888
定休日:無休
URL:http://www.mgmmacau.com

おすすめ記事

まだデータがありません。

1 Comment on MGMマカオカジノ

  1. 生ルーレットのテーブルはここしかなかったのでは?
    ラスベガスと異なり、テーブルの90%以上?がバカラで占めるこの国で、電子ゲームではない、生のルーレットを探すのは一苦労。たしかマカオ半島側でルーレットのテーブルを置いているのはここぐらいだったのでは? ただ昼間で客が少ない時間帯は、ルーレットテーブルがクローズになっていた記憶があるので時間帯にも注意が必要かも?

Leave a comment

Your email address will not be published.


*