ピックアップ♪

聖ミカエル墓地

ペパーミントグリーンの外壁が特徴的

ペパーミントグリーンの教会が中央に建つ大きな西洋墓地

塔石広場の西側にあたる丘の斜面に広がる西洋墓地。1852年に現在の聖ポール天主堂跡にあった聖ポール墓地の収容キャパシティがいっぱいになったことから、当時のマカオ総督が寄付を募って新墓地建設計画を推進し、1854年に当時マカオの郊外だったこの場所に墓地が造成され、大天使ミカエルから聖ミカエル墓地と名付けられた。その後、1875年に聖ミカエル教会が建てられた。ペパーミントグリーンの外観が特徴的な教会の建物は1898年に修復されたもので、建設時の姿が最もよく保全されているマカオでも貴重な建築物として知られている。墓地にはマカオの発展に尽くした政治家や実業家などが数多く埋葬されている。墓地では毎年11月2日に殉職した役人、公務員を追悼する政府主催のミサが行われる。1990年に公開(日本未公開)されたサミュエル・ホイ主演のカンフー映画「赤の広場の龍(The Dragon from Russia)」のロケ地としても使われた。

所在地:澳門西墳馬路聖味基墳場 料金:入園無料 電話番号:2837-2804 営業時間:08:00~18:00  定休日:無休

おすすめ記事

まだデータがありません。