ピックアップ♪

港務局ビル

港務局ビル外観 (c) ICM

新古典様式建築のインド出身兵士の元宿舎

1874年に当時ポルトガル領だったインドのゴアからマカオへ派遣された警察部隊の宿舎として建設され、200人の兵士が暮らしていた場所。イタリア人のカッスートによる設計で、マカオでは珍しいムガル帝国の建築要素を取り入れた新古典様式の建築物として独特の存在感を示している。現在、マカオ政府海事水務局の本部として利用されており、見学可能なのはベランダ部分のみとなっているが、今後、内部一般公開する計画もある。また、異国情緒あふれる雰囲気から地元カップルの結婚写真撮影の人気スポットとしても定着しており、ウェディングドレス姿の花嫁を見かけることも多い。インドのゴアは大航海時代にアフリカ東岸から東アジアにかけて広がったポルトガル植民地の中心都市として機能し、ヨーロッパ、アフリカ、アジア各地の様々な文物がゴアを経由してマカオへもたらされた。アフリカンチキンやカレークラブなど、香辛料をたっぷり使ったマカオ料理もその名残。

所在地:澳門媽閣斜巷
料金:無料
電話番号:2836-6866(文化局)
定休日:無休
URL:http://www.macauheritage.net/en/HeritageInfo/HeritageContent.aspx?t=M&hid=27

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*