ピックアップ♪

ナンピンカフェ

レトロな雰囲気の店構え

1960年代の雰囲気を残すレトロカフェ

マカオ半島のメインストリート、新馬路から北に向かって伸びる十月初五日街にある昔ながらの風情を残す広東スタイルのカフェ、茶餐廳。マカオの主要玄関口として栄えた内港に近く、今も数多くの老舗が軒を連ねるエリアとして知られる。こちらの店は1965年に茶餐廳の原型といわれる冰室として開業し、マカオ初の冷房付き冰室(ビンセッ)として注目の存在だったという。今も外観、内装とも当時のままのスタイルで営業を続けており、レトロな雰囲気が漂う。メニューはコーヒー、紅茶にサンドイッチやヌードルなどのドリンクと軽食が中心。中でも人気なのがエッグサンドと沙翁(サァヨン)と呼ばれるポルトガル風の砂糖菓子。自家製パンも各種ショーケースに並ぶ。観光客の間で人気が高まっているが、まだまだ地元の常連のお客さんが多い印象。のんびりしたマカオの日常風景を垣間見ることができる懐かしい感じのお店といえる。朝6時半から営業しているので、朝食にもぴったりだ。

所在地:澳門十月初五日街85至85A號
料金:MOP30~
電話番号:2892-2267
営業時間:06:30~18:30
定休日:旧正月の3日間

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*