ピックアップ♪

上海栄江小館(ションホイウィンコンシウグゥン)

板樟堂巷というゆるやかな坂道になった細いストリートにある

小籠包が美味!ローカルに人気の小さな名店

世界遺産セナド広場とカテドラル広場の間にある板樟堂巷という路地にある上海料理レストラン。テーブル数わずか5卓という小さな店ながら、地元の根強いファンも多く、最近では中国本土からマカオ訪れる観光客にも人気となり、なかなか席を確保するのが難しい。一番の人気メニューは自家製の小龍包。スープがたっぷりでジューシーそのもの。その他、麻婆豆腐、棒棒鶏(バンバンジー)、酢豚、スープヌードル(中国スタイルのラーメン)に焼きそばなど、中国料理と聞いて想像するメジャーなメニューを各種に取り揃える。スパイスが利いてほどよい辛さの麻婆豆腐は白いご飯にもよく合う。すぐ近くの民政総署ビル右側のスロープを少し上がったところにもう少し座席数が多い系列店「上海長城菜館」があり、メニューはこちらとほぼ共通。ただし、同じく混雑している。店頭で待つ場合は、一旦店内に入ってレジ担当に「並ぶ」という意思と名前を伝える必要があるが、中国語しか通じないので意思疎通が難しい。ピーク時間をさけると比較的入りやすい。

所在地:澳門板樟堂巷1號B
料金:MOP100~
営業時間:12:00~15:00/18:00~22:30
定休日:無休

おすすめ記事

まだデータがありません。