ピックアップ♪

ロバート・ホー・トン図書館

ロバート・ホー・トン図書館外観 (c) ICM

穴場の休憩スポットとして知られる公共図書館

第81代マカオ総督夫人にあたるドナ・カロリーナ・クーニャの邸宅として1894年以前に建てられたとされる。その後、1918年にジャーディン・マセソン商会の中国総経理を務め、マカオへの積極的な投資でも知られた香港の実業家、ロバート・ホー・トン(何東)が買い取り、避暑で訪れるための別荘とした。1955年の何東の死後、遺言に従って建物はマカオ政府に寄付され、1958年に図書館として一般開放された。現在では、図書館のエントランス部分に往時の佇まいを残しながら、奥に近代的な別棟が増築され、大規模な図書館へと変貌している。夏場はエアコンも効いており、無料でWi-Fiも使えることから、快適に休憩や情報収集できる穴場といえる。ちなみに、マカオのカジノ王と呼ばれるスタンレー・ホー、映画俳優ブルース・リーは何東の弟、何福、何甘棠のそれぞれ孫にあたる。

所在地:澳門崗頂前地3號
料金:無料
電話番号:2836-6866(文化局)
定休日:無休
URL:http://www.macauheritage.net/en/HeritageInfo/HeritageContent.aspx?t=M&hid=34

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*