ピックアップ♪

聖ヨセフ修道院及び聖堂

聖ヨセフ教会外観 (c) ICM

聖フランシスコ・ザビエルの遺骨を安置する

聖ヨセフ修道院は聖ポール大学とともに1728年にカトリック・イエズス会創設された神学校(セミナリオ)。同校のカリキュラムは大学教育に準ずるもので、1800年にポルトガル女王ドナ・マリア一世から「伝道信徒団の家」という王家の称号を授与された施設としても知られる。聖ヨセフ修道院ではこれまで200年以上に及ぶ人材育成の歴史の中で、中国、日本及び周辺地区の教会へ多数の人材を輩出しており、東アジアのカトリック布教拠点として主要な役割を果たしてきた。その役割から、マカオではカトリックの「少林寺」と呼ばれることもあるという。修道院に隣接する聖ヨセフ聖堂は1758年に建てられたもので、ユネスコが2001年に発行した「世界バロック建築アトラス」の中で、中国を代表するバロック建築として紹介されている。その外観から、地元住民は親しみを込めて「三巴仔(サンバヂャイ)」と呼ぶ。現在、修道院は非公開となっており、聖堂部分が見学可。聖堂内の右壁には日本との縁も深い聖フランシスコ・ザビエルの右上腕部の遺骨が安置されている。

所在地:澳門三巴仔橫街
料金:無料
電話番号:2836-6866(文化局)
定休日:無休
URL:http://www.macauheritage.net/en/HeritageInfo/HeritageContent.aspx?t=M&hid=31

おすすめ記事

まだデータがありません。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*